先日、PSO2公式よりこのような動画が公開されました。

現状

PSO2では以前からユーザー間で装備未強化プレイヤーが問題視されています。この動画にある通りPSO2は装備を+10まで強化することを前提に難易度が設定されています。しかし、レベルさえ上がってしまえば最高難易度のクエストに挑戦することが可能となるので、装備強化を気にせずプレイしてきて、そのままエクストラハードに挑んで他のプレイヤーの足手まといとなってしまう例が跡を絶ちません。

「強化必須なんてルールはない」? 「ゲームくらい好きにやらせろ」? たしかに装備未強化だからBANなんてことはありません、強化はもちろん個人の自由です。なので、これはマナーの話です。例えば、満員電車の7人掛けを一人で占領してるとしましょう。例えば、映画館の座席で足を前の座席に乗せてるとしましょう。これだけで逮捕されるということはないと思いますが、他のお客さんの顰蹙を買うのは間違いありません。オンラインゲームにおけるマナーもこれと同じです。たかがゲームといえど、他のプレイヤーと一緒にプレイする場合はある程度の配慮が必要になってくるのです。

あるいは、「それでもクリア出来てるから問題ない」と思うかもしれません。ですがそれは他のプレイヤーが足手まといとなってるプレイヤーの分まで頑張っているからこそ上手く行っているだけなのです。普通のクエストならまだしも、採掘基地防衛戦などの高難易度クエストでは12人全員の協力が必要不可欠なので、他のプレイヤーがカバーしきれなくなってしまいます。

なぜ未強化なのか

ここまで厳しく書きましたが、装備未強化にも理由があると思います。

まず装備強化の難易度がとても高いです。 まとまった数のグラインダー、リスク軽減、強化成功率+等を用意するためのメセタだけでなく、少々複雑な強化システムも理解する必要があります。システムを理解せず(あるいは理解してても)ドツボにはまって大量のメセタを失ってしまい、仕方なく未完成品を振り回しているプレイヤーも居ると思います。

そして強化システム自体がかなりストレスの溜まる作りになっています。失敗続きでもう二度とやるかと思ったプレイヤーも居るかもしれません。

他にも潜在能力、属性強化、特殊能力追加、防具の強化などが控えており、これらを全てクリアしてようやく一般プレイヤーと同じ立場となるわけです。慣れたプレイヤーでも面倒なので、初めて強化するプレイヤーにとっては恐ろしく難易度が高いと思います。

それでも、この武器で戦っていきたい!と思う場合は説明が大変なのでwikiを見るなりなんなりして頑張って強化してください。前振りが長くなりましたが今回は「足手まといになりたくないが、強化もしたくない、できない」というプレイヤーのための記事です。

インヴェイド装備

前述のとおりこのゲームは強化された装備を前提に作られていますが、 強化された装備が手に入らない場合はどうするのか。

単純です。「強化済みの装備」を手に入れれば良いのです。

そこでおすすめなのが「インヴェイド装備」 。最初から強化と属性強化が済んでおり、特殊能力もそこそこ付いています。

強化済みの装備は高額だったりプレミアムアカウントが必要だったりするんですが、インヴェイド装備は「深遠なる闇」等のボスが複数個ドロップする「深淵片カリギューラ」を100個手に入れてNPC「ジグ」のもとへ持っていくだけです。(2016/01/13までならビンゴでも20個手に入ります。)

しかも性能は☆13だけあってかなりのもので、潜在能力を開放せずとも下手な強化済み☆12を上回る火力を出すことが出来ます。

入手方法

ただ、その武器を得るためには「深遠なる闇」を倒さなくてはなりません。ある程度の武器が用意できるのであればXH深遠に潜り込めばいつの間にか集まるんですが、それでは本末転倒です。

幸い【深遠なる闇】が出現する「世界を壊す流転の徒花」は2015/12/25現在それほど難易度が高いクエストではなくなっているので、

  • 強力な友人に手伝ってもらう。
  • 今できる最高の装備を揃えて目立たないように参加する。
  • 簡単に強化できる☆1武器を最大までクラフトする。
  • 難易度ノーマルでもドロップするのでソロクリアする。
等して頑張って集めてください。

活躍できるようになるとゲームがどんどん楽しくなってくるので、「ラッピー以下」などという煽りを受ける前に、ぜひやってみてください。