「LORD of VERMILION ARENA」というゲームが話題になっていたので、早速やってみました。

私は知らなかったんですが、元々は「LORD of VERMILION」というアーケードゲームで、それのPC版のようです。

アーケード版をやったことがないので比較はできませんが、ゲームシステムは結構変わっているようですね。
少なくとも「LoVA」に関しては、完全なMOBA系(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲームです。

 「LoL」とか「Dota2」とかが有名でしょうか。日本だと「CHO」もそれらしいですね。

なのでこれらのゲームをやっていれば戦闘に関するルールや鉄則はだいたいわかると思います。

まずはキャラクリですが、これはかなり簡素です。

「PSO2」や「黒の砂漠」のように細部まで調整はできませんが、試しにプレイして見る分には楽でいいんじゃないでしょうか。 

キャラクリには「出身世界」が大きく影響します。

これは一度決めると変更できないそうなので慎重に選びましょう。

また、初期カードにも違いがあるようですが、私は特に気にせず「クローム」を選びました。

要求スペックは、そこまで高くはない気がします。設定次第ですね。

 ゲームシステムは私が前にやっていた「LoL」にそっくりです。

ただ、大きく違うのは「使い魔」システム。 

このゲームでは使い魔がアイテムであり、スキルであり、ゴールドです。

よって使い魔を揃えられず、まともなデッキが組みづらい序盤は苦戦を強いられます。

 これはシステム上どうしようもないことなんですが、そこら辺は今後のアップデートでどうにかして欲しいですね。

面白かったのは聖剣伝説の「リース」が使い魔にいたことです。

スクエニなのでそこら辺は強くていいですね。

今後のアップデートで他のゲームのキャラクターも追加されていくそうなので、とても楽しみです。

さて、ここまで書いた「LoVA」ですが、私はもう少し様子を見ることにします。

というのもMOBA系は「LoL」で散々やったので、それとは異なる方向へのアップデートを期待しています。

もしMOBA系をやったことがなかったら、一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

それでは。