ソロのネクロマンサー

ネットゲームの記事がメインになる予定です。主にmoeや艦これ、PSO2の記事を書いています。

艦これ 大和チャレンジ 三回目~七回目

KanColle-150502-01492774

(母港の空きは1、レシピはwikiの物を使用しています。)

鋼材がいい感じに溜まってきたので、デイリーついでに大和の建造を狙います。

まず一回目。(累計三回目)

KanColle-150505-23554355

一時間、ということは軽巡洋艦ですね。これは珍しい。

KanColle-150505-23560849


結果は能代でした。既に持っているため全く嬉しくありません。

こんなところで終われるかと思い、残り三回のデイリー任務も全て大和レシピを回しました。

(ちなみにイベントはまだクリアしていません。)

上のものと同じ条件で回した結果、結果は山城、金剛、日向と惨敗。

また鋼材がたまったら回そうと思います。

MoE テリオス襲来

チャスキー


今日はこどもの日ということで、「ダイアロス最強の子供」ことテリオスがビスク中央に襲来しました。

 

テリオスは運営の悪乗りが創りだしたキャラクターで、見た目は9歳の子供なんですが、戦闘能力はボスの中でも最強クラス。

普段はエルアン宮殿の奥地で条件を満たした場合のみ戦うことが出来るのですが、今回はイベントということで冒険者の街ビスクに突如降臨しました。

 

たとえ街であってもその強さは変わらず、討伐にあたった冒険者や街のガードが次々と血煙を上げていきます。

大きな剣の一振りで数十名の冒険者の命が一度に失われていく様子はまさに地獄絵図としか言いようがありません。

私も何度も重症を負い、時々命を落とし、そのたび蘇生魔法や回復魔法のお世話になりました。ありがとうございます。

 

この日テリオス撃退に集まったのは250名のプレイヤー。ガチガチの戦闘キャラから傍観者まで多岐にわたり、皆等しく暴走するテリオスの前に死んでいきました。

 

戦闘は約一時間続き、噴水広場から魔法研究所、木工広場からアルター前と通行人を巻き殺しながら戦場を移し、大聖堂の中でついにそのHPを削りきりました。

 

いつもどおりテリオスは本気ではなかったみたいですが、本気を出そうとしたところでテリオスママなる謎の人物からご飯に呼ばれ、おとなしく帰って行きました。

 

こうしてビスク中央には再び平和が訪れたのでした。めでたしめでたし。

 

ん?スクリーンショットがないって? まとめるつもりはなかったんで撮らなかったんです。ごめんなさい。

艦これ 大和チャレンジ 二回目

KanColle-150502-01492774

母港の空きは1、レシピはwikiの物を使用。

結果?そりゃ勿論

KanColle-150502-01482053

伊勢でした。残念。

艦これ 大和チャレンジ

資材がカンストしそうなので、未だに持っていない大和の建造を狙います。

KanColle-150430-11325042

レシピはwikiを参考に適当に調整。

結果は‥‥、

KanColle-150430-11330142

これは金剛型ですね。残念でした。

MoE 今から始めるMaster of Epic

どうもこんばんは

最近「今からMaster of Epicを始めてみたいんだけど」という話をよく聞きます。
‥‥ええ、聞きますとも。

ただ、このゲームの現状を知ろうにも、検索して出てくる記事は古いものばかりで、今このゲームがどうなっているのかわかりません。


そこで今回は、今から(今さら)Master of Epicを始めてみたい人のための記事を書いていこうと思います。

logo

 

まず、「Master of Epicとはどんなゲームか」について。


Master of Epic(通称MoE)は故ハドソンが開発したかなり異質な国産MMORPGです。

 

最大の特徴は完全スキル制にあります。

プレイヤーにレベルがなく、能力はHPMPでさえ取ったスキルによって決まります。そのためキャラクターメイキングでかなり個性を出すことが出来ます。

 

もともと月額課金だったため、古いゲームにしては課金要素が薄く、無課金でも全く問題ありません。

課金装備もほとんどが見た目重視の装備で、原則的にプレイヤーが無課金で作れる装備の方が能力が高いです。

 

ゲームが全体的にまったりとしているため、他のネットゲームのインフレに疲れたプレイヤーがフラッと帰ってくることが多いですね。私も三回くらい引退しては帰ってきています。

(そのためプレイヤーからは愛称を込めて「自宅」「ネットゲーマーの墓場」「老人ホーム」などと呼ばれることもあります。)

 



次に、「今でも人はいるのか」について。

プレイヤーはそれなりに居ます。(2015年4月現在)

さすがに10年以上も続いているゲームだけあって、昔に比べると人は減りましたが、今でもプレイヤー同士の交流はあります。

(今でも十分多いように思うのですが、昔をよく知る人にとっては少ないそうです)

露店を開けばアイテムは結構売れますし、プレイヤー主催のイベントやボス巡りツアーなどもちらほら見かけます。
今からプレイするとしてもほとんど問題なく楽しめると思います。私は楽しんでいます。




つづいて、「今からプレイしたとして他のプレイヤーに追いつけるのか」について。

前述のとおりこのゲームは完全スキル制なので、キャラクターのレベルによるインフレは全く無く、スキル値の合計をカンストさせるだけならとても簡単です。


しかも取ったスキル次第では、何年も前からプレイしているキャラよりも、今から新しく作ったキャラの方が強いことも多々あります。
ゲーム自体の難易度も低めのため、新参でも廃プレイヤー達に混ざって活躍することは簡単です。

もちろん、長年プレイしている人は強力な装備やペットを持っています。
これらの資産の有無がプレイヤーの戦闘能力に差をつけていますが、ほとんどはゲーム内通貨で普通に取引されているため、今からでも手に入れることは可能です。

当然人気のものや入手困難なものは相当な値段がついており、いきなり入手するのは少々難しいですが。

ペットについては育成するだけなので何も問題ありません。簡単ですね。

「最初からペットを育成すれば最強なんじゃね?」と思うかもしれませんが、おすすめしません。

 



最後に「今でもこのゲームは楽しいのか」について。

 

間違いなく楽しいです。

 

今ではチュートリアルも改善され、昔よりわかりやすくなりました。

ちょっと古い所がありますが、基本無料ですのでやったことない人はぜひ一度やってみてください。

スキル構成をシュミレーターの前で悶々と考えるのはとても楽しいですよ。

 

それでは。